ローンという名の借金を背負った家族

ローンという名の借金を背負った家族

MENU

金融機関で融資担当しています。


金融機関で融資担当しています。

 

この情報では、借りられるかどうかは全く判断できませんが、
融資のポイントとしては

 

1.個人の信用調査で延滞や自己破産などの情報がでてこないこと
2.購入する土地・建物の担保評価がどの程度か
3.年収に対する負債比率(だいたい30%以内が平均的)
 *負債比率とは、年収に占める現在借りているローンと今回借
  りる住宅ローンの年間返済額の割合のことです。
4.勤務先の信用度
5.団体信用生命保険に加入できるか

 

このあたりがポイントとなると思います。
ただし、審査項目はこれだけではありません。
もちろん金融機関によって異なる部分もありますので、これらの
審査項目から総合的に判断することになります。

 

金融機関からしても、また債務者にとっても、大事なのは「返せ
るのかどうか」です。

 

とにもかくにも、自分で色々勉強することです。
おそらくHMは「これくらいなら十分返していける」くらいのこ
とを言って高い買い物させようとするでしょうから。

うちは夫が38歳時で年収の4倍でローンを組みました。

うちは夫が38歳時で年収の4倍でローンを組みました。
正直…返せるけど、楽ではないです。

 

頑張って2年で100万繰上できるかな〜?位な感じです。
贅沢はしてないけど、ケチ生活もしていない、普通の節約生活レベルです。
年に1回2泊3日の国内旅行はしています。(夫婦と幼稚園の娘1人)

 

詳しいことは上の人が書いてありますし、私は素人ですけど…
それでも6倍はキツイと思います。
主さんが今専業で、ご主人だけの年収の6倍の場合と、共働きで6倍だとまた違いますが…

 

HMは売れればいいんで、余裕があるとか言いますよ。
借りられる額と返せる額は違います。
家は建ててからも固定資産税もかかりますし、多くても5倍程度にした方がいいと思います。
理想の家にしたら予算も天井知らずですし。。。
建てたい家と建てられる家もまた違うんですよね。
まず予算ありきなので、どこかで妥協も必要かと思います。

年収の何倍という考え方は、年収次第だと思います。

年収の何倍という考え方は、年収次第だと思います。
例えば、年収300万の人が6倍組むのと800万の人が6倍組むのは違います。

 

なぜなら、基本的な生活にかかる費用は、年収に関わらず同じで、水道料金だって、スーパーの値段だって一緒です。
そうなると、年収が低いほど同じ6倍でも800万の人と比べると生活を圧迫すると思います。
色々計算して、私の感覚では、年収の5倍以上のローンを組めるかどうかは、年収600万ぐらいが分かれ目の様な気がします。
でも、年齢やローンの期間、子どもの人数(教育費をどうするか)によってそれもかわってきますが。

 

ですから、何倍かという事にだけこだわらず、毎月の生活費の中で今後何十年と支払える金額か、というのが大事だと思います。

 

ざっくりですが、私の感覚では、30代半ばで、お子さん一人(大学まで考えている)、年収600万以上(ご主人一人で)で昇給の可能性がちゃんとある(40代には800万ぐらいにはなる)
なら、大丈夫だと思います。